プロダクトの品質向上に繋ぐ「デザイン指標」の作成

2019年1月〜2019年8月 デザイン指標

Webサービス状態を見える化する上で、ユーザーに価値を届けられているかどうかを計測するための「デザイン指標」の作成にチャレンジしました。
デザイン指標とはいわゆるビジネス指標(KPI)とは異なり、プロダクトのあるべき姿にどれだけ近づいているかを測るための指標とも言えます。

取り組んだ内容はこちら
記事:プロダクトの品質向上に繋ぐ「デザイン指標」を作っています

取り組んだ結果、

  • ユーザーが目的を達成したかどうかを示す指標を見つけることが難しい
  • たとえ価値提供ができていることを計測できる指標を見つけたとしても、計測することが難しい

などの問題にぶつかりました。

上記の理由からこのときはあまり「デザイン指標」を活用できませんでしたが、計測基盤が整った環境であればプロダクトの健全化やデザインの評価にも使えるような指標になりうるかもなとは思っています。

to Top